読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなきゃ人生じゃない

興味のあること、ここ最近ではバイク(リターンですがほぼメンテも運転も初心者なのに絶版車を購入!)や、身の回りの話題について書いてきます。

【冒険の書】「はてなブログ」繋がりで林道ツーリングに参加した話

こんばんは norixです

 

前々回冒頭で「ディザー広告」したエキサイティングな出来事がやっと纏まりました。時は来た!!
今回は、約一か月前の出来事を振り返ります。
※文字オオメの写真スクナメです。3683文字は過去最高かも?

若干の厨二感はご勘弁を(笑)

 

 

プロローグ:新たな冒険の始まり

3月下旬に、兼ねてよりコメントでやりとりをしている、のりまつ(id:norimaz)さんがかなり近いエリアに住んでいることが判明し実際会ってプロテクターのアドバイスをしてくれるというお誘いをもらいました。そして、アドバイスだけで終わらず、週末に行われる林道ツーリングに参加させてもらうことに。しかも、のりまつさんは、見ず知らずの僕にプロテクター一式を貸すという神対応のコンボを繰り出してくれるのでした(猛烈感謝!!)

 

のりまつさんのご厚意に乗っかりまくりで恐縮しつつも、初めての林道ツーリングにウキウキしていたのが、3月下旬の週でした。

 

冒険の日の朝

前回、一人でコケてから二週間程の長き眠りについていた山岳民族のシェルパをこの地に召喚します。僕にしては相当早くに起きて出来る範囲の点検と給油を兼ねて朝練ならぬ不具合が無いかチェック走行をします。お借りしたプロテクターも装備して走ってみましたが、見た目のゴツさとは裏腹に着けても重さや動きを妨げなく、そして守ってくれている感じはかなり大きいのです。これなら、こけても被害は最小限に抑えられそう。やはりプロテクターは早く揃えるべきと思うのでした。

集合場所のルイーダの酒場

早めに向かうも、のりまつさんを含むお仲間は既に到着しており、年甲斐もなく緊張しつつ皆さんと挨拶をします。メンバーは、セロー×2、XR250、シェルパ×2とオフ率100%バイクで僕はそれだけで感動するのでした。知識が少ない僕ですが、オフバイクを見たり、話が出来るのは嬉しい!!ライダーにとってバイクは共通言語です!
そして、ルイーダの酒場で食料も調達します。支払いはツケではなく、nanacoで!
のりまつさんおススメの足首の捻り対策の準備運動を真似して、いざ出陣!

そして冒険は始まった

バイクで遠出慣れしていないチキンな僕にとってはありがたいことに、今回の林道ツーリングの場所は僕のホームグラウンド周辺でした。僕が練習しているダート林道も走るのかな~と期待しつつ、これまた同じエリア在住のリーダーのKさんが先頭を走り始めます。比較的見慣れている景色もオフバイクが5台連なって走っている風景は、冒険感がマシマシです!ただしその風景は、鉄の馬に跨った戦い慣れした4人のパーティ+期間限定でたまに攻撃したり薬草を使ってくれるビジターキャラ(僕)が仲間入りした感じ。

冒険:さいしょのりんどう

暫く舗装道を走り、最初の林道へ。リーダーが選んだのは集合場所から一番近いダートで、僕も走ってる林道でした。僕が一人で走る時よりも早いペースで突入します。皆さんは「自分のペースで走ってね」と言ってくれてましたが、経験値アップを求める見習いビジター戦士の僕は、いつもよりも早いスピードで遅れつつも続きます。
すると、あら不思議、普段よりも安定してる!?いつもならワダチ越えやら砂利で滑るようなところも安定して走れるやん!ちょっと怖いけど素敵やん!

冒険:ダムのほとり

迷うことなく進むリーダーについて行くと、ずっと舗装された道だと思って行かなかった道が実はダートという嬉しい誤算。「ひゃは!まさに灯台下暗しだなぁ」などと呑気に思える余裕もなく、鎧を纏った戦士たちは前日に降った雨なのか元々なのかウェットなダートをストイックに進みます。GARRRRで読んだスタンディングの勧めに従い、スタンディングしつつもきつめのカーブでは「いやんいやん」と座ざるを得ない戦士見習いのアラフォー。前と地面しか見れませんでしたが、ダム沿いの道なので景色は良さそうでした。

休憩:旅の休憩の駅

ダートを2本走り、最初の休憩。天気も良かったため、オンのライダーも多く、コーヒーを飲んで談笑したりと、次の戦いに備えている模様。のりまつさんとお仲間は早速1ソフトのクエスト攻略してましたが、僕はシェルパと同様タンクが小さいのでトイレが近くなるのを恐れてパス。この休憩で皆さんから悪路の速度による安定性と、ニーグリップでなく、くるぶしグリップが良いとのアドバイスをもらえるのもオフローダーが集結している林道ツーリングならではだと思うのでした。

冒険:春を拒む雪の女王の攻撃の跡

戦士たちは休息を終え、再びガンガングングンと舗装林道を登っていきます。改めて先輩戦士たちのコーナリングの上手さに負けじとついて行きます。しかし標高が上がるにつれ、前々日の悪天候の影響か、路面に雪がチラホラと目立ち始めます。そしてリーダーが止まった先には、雪の女王が仕掛けたマヒャドもしくはブリザガの後。攻撃力高めののりまつさん、XR250乗りのYさんがワダチもない状況を攻め込みますが、困難な状況(二人は楽しんでいる)を見て、リーダーは苦渋の決断で撤退を指示されたのでした。

 

f:id:norix619:20170424180453j:plain

感慨深い雪とシェルパ族※逆光なのが残念

 

休憩:伝説の剣の丘

リーダーの休息宣言で、剣の丘の下で早めの人間への燃料補給をします。みなさんは、シングルバーナーでお湯を温め、カップラーメンやコーヒーを楽しんでいます。僕もそれに乗っからせてもらいました。※実は昨年末、ラーツーをしたくて岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナーと鍋をAmazonでぽちっていたものの一回テストしただけで仕舞ったままなラーツセットがあり、持ってくればよかった。。。

メンバーの方々は、ツーリング&キャンプをしたりしている様で、昨年バイクを乗る前にキャンプをしたいと考えていたいた僕は、とても羨ましく聞いていました。

そして、雪と言ったら雪だるま!ということで、各々の作品を作ることに。

 

f:id:norix619:20170424183816j:plain

唯一無二の雪だるま達。道祖神!?をイメージした手前のがNorix製です
 

冒険:雪上作戦

リーダーはもう一つの候補を選択し様子を見に行くことに。こちらも雪はあるものの先人たちの通ったワダチがあり進めないことはありません。リアタイヤに過重しつつ進んでいくものの徐々に滑って進みづらくなります。水気を含んだ春の雪はタイヤに絡みつき溝を埋めていました。進めないこともないけれど、好転しない路面をリーダーは判断し勇気ある撤退を判断するのでした。ここで、休憩がてら雪遊び(笑)。この季節で考えると貴重で楽しいイベントでした。

 

f:id:norix619:20170424181429j:plain

諦めずに攻め込むのりまつさん(シェルパ族の戦闘タイプ)

冒険:下山と最後の林道

リーダーは、来た道を戻るというのではなく、別のアプローチで戻っていきます。舗装林道メインで、途中ダートコースに入ったりしつつ、最後のダートコース。ここは、僕がシェルパ初めて走った林道でした。ここのあたりで「くるぶしグリップ」と「速度の安定性」が体に馴染んできた感覚がありました。

休憩:鬼が休みし憩いの場

メンバーの方々は若干の不完全燃焼感の様でしたが、ダート攻略は終了し、山を降りてきて最後の休憩です。残念ながらここではソフトクリームがまだなく、ソフト攻略は出来ませんでした。

そこで色々と談笑し、タイヤの空気を補充したりと帰路の準備でした。その際、プロテクターを買って準備する話となったときに、リーダーのKさんが使わないものを譲ってくれるという展開に!恐縮しつつもご厚意に甘えさせてもらうことになりました。そんなこんなで談笑も終わりそろそろとなりました。

帰路:勘違いをするビジター戦士

僕が勘違いして、リーダーについて行くところをのりまつさんについて行ってしまい、一旦はぐれかけるというアクシデントがあったものの、土地勘があるビジター戦士はショートカットコースを使いなんとか、リーダーと合流したのでした。
リーダー宅でしばし談笑し、かなり綺麗な状態のプロテクター一式を使わないからという優しさ200%で譲ってもらうのでした。
帰りは、のりまつさんに借りた鎧の上に鎧を装備するというドラクエでは出来ない芸当で帰るビジター戦士。

エピローグ:パーティでの林道冒険を終えて

初の林道マスツーリングでしたがソロでは味わえない楽しさがありました。なによりも安心感はソロの比ではありません。駆け出しライダーでオフロードを走りたい僕にとっての情報源はネットや雑誌です。が、実際林道で何回も走っている人と一緒に走ったり、アドバイスをもらえたりすることは、「百聞は一見に如かず」「習うより慣れよ」であり得られるものはかなり大きいと思います。再び参加できるように自主練&足りていない装備をそろえるようにしていきたいと思うのでした。

そして、誘ってくれたのりまつさん、プロテクターを譲ってくれたKさん、Yさん、Nさんに激烈感謝するとともに、「はてなブログのスゴさ」を感じました。

これからも当初の週2ペースには追い付かないにしても自己満足エントリーしていきまっせ!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村