読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白くなきゃ人生じゃない

興味のあること、ここ最近ではバイク(リターンですがほぼメンテも運転も初心者なのに絶版車を購入!)や、身の回りの話題について書いてきます。

リターンライダーまでの道のりを振り返る(購入編)

バイク その他

ども、リターンライダーになるまでの道のり(購入編)となります。

 

前回に記した通り、概ねの方向性は決まったのであとは買うだけ!

 

no-fun-no-life.hateblo.jp

…ん?

 

どこで買うたらええんや?

 

Google先生でカチャカチャすると行動範囲内でバイクを販売している店舗がちらほらとありました。車のディーラーに比べるとかなり少ないですが、ライダー人口を考えるとそういうことなんでしょうな!!

 

そして、数ある店の中で、選ぶのに重視したのは

 

・メンテナンスを相談でき、なるべく近くて入りやすい店

 →予算的に中古な為、スキルがない自分にはメンテナンスは重要な要素となります。

 

結果的には、自宅からは近くはないですが例の従兄も利用していたことが判明した「赤いおじさん」の店舗に行ってみることにしました。

事前にネットサーチだとメンテナンスの技術について賛否両論あるのが気になるところですが、意見がいっぱいあるってことは、それだけユーザーがいるってことだし、

 複数店舗があるってことは人材育成とかもしてるはずだし、きっとノウハウがあるハズだし入りやすいでしょ!

という楽観的な観点で仕事帰りに行ってみることに。

 

「赤いおじさん」では

・FTR :中古4~5台はあり。カスタマイズされているものばかり。

・250TR:中古一台あったが色が黒で地味な感じ。

・CRF,KLX:現行品ということもあり新車であったがお高い。

シェルパ:ない

 

と、こんな感じで「現実的にはFTRのおとなしめのカスタマイズかなぁ~」なんて思っていると、「赤いおじさん」の店員のおじさんが、バイクを探しているおじさん(僕)に近寄ってきて「何探してるんすか~」的な軽い感じで会話が始まった。

早速バイクを探しているおじさん(僕)は、

・オフロード(林道)も走れるバイクを探している

・予算は30万ぐらい(あえて少なめに)

・昔はスーパーシェルパに乗りたかった

  というと、売りたい方のおじさんが「スーパーシェルパ?ありますよ、これです!」

f:id:norix619:20161215154714j:plain

僕は、グリーン、レッドしかないと思っていたのでまさかの「ブルー」のシェルパがあるとは!ただ、結構走り込んでいたものらしく状態が良くないので「なし」でした。

そして売りたいおじさんは、

「FTR・250TRは、パワーがあんまりないからオフロードバイクがおすすめやで。 シェルパはオフロードにしては足つきもいいしええと思うわ。緑のシェルパが欲しいなら他の赤いおじさんの店舗にあるか在庫探したるわ」(実際は関東弁)

とのことで他店在庫のシェルパを探してくれるのでした。

 

この時点で、僕の中では

メンテナンスコストがかかる可能性大! < 「スーパーシェルパ」に乗りたい!

となっているのでした。

 

で、待っていると、PCに向かってテンションの上がる売りたいおじさん。「あ~これ!〇〇ちゃんの乗ってたシェルパだ!これならウチがメンテしてたし安心して奨められますよ!!!」とこんな感じで、紙をプリントアウトし、僕に見せながらそのいきさつを語るのでした。

実際、店に貼ってあったポスターにそのシェルパとオーナーの写真があり、他店在庫を移動するのに費用が掛かるとのことでしたが、経緯を聞いているうちに、中古購入の不安が若干薄らいだので、移動してもらい実際の車両を見るための申し込み書(実際は売契)にサインをするのでした。

 

一週間後...

車両が着いたとのことで見に行くと、僕のかつて欲しかった2002年のシェルパが多少の傷等もありましたが、状態も良く購入することを決意したのでした。

 

さらに一週間後…

ナンバーも付いて晴れて納車~

f:id:norix619:20161215182323j:plain

 ※納車日に早速、オールドバイクの洗礼を受けることになるのですがこれはまた後日に。

 

結局、一件目の「赤いおじさん」にて、物流システムを駆使した提案に乗り、勢いで買ってしまった感はありますが、乗りたかったものに乗れるというのはやっぱり悪くはないのでした。